FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変身ヒロインが淫魔の潜む地下洞窟に潜入

変身ヒロインは、ついに淫魔が潜むという地下洞窟を発見した。
そこは、結界が張られているようで、普通の人間には、ただの岩のくぼみとしか思わないが、霊力の力で変身ヒロインは、この地下洞窟を発見した。
早速、変身ヒロインは、その地下洞窟に潜入することにした。
まさか、そこが淫魔の用意した罠だとも知らずに。

地下洞窟は、入り口こそ狭いものの中に進むと、立って歩くことのできるくらいの広さだった。
しかし、洞窟は広いが空気は悪い。
それも、淫魔が体内から放つ淫気によるもので、普通の人間であれば、すぐさま発情してしまうところであるが、変身ヒロインは霊力により、この淫気に穢されることはなかった。
ただ、淫気からは護ることができるのだが、この洞窟は奥に進むほど湿度と温度が上がっており、変身ヒロインと言えど、身体から汗が滲んでおり、コスチュームを湿らせていた。

大分奥まで来ただろうか。
変身ヒロインは、突然歩を止めた。
そこには、大きな沼があったのだ。
しかも、そこはただの沼という訳ではなく、白く濁った粘液。そう淫魔が放ったであろう白濁した汚液の沼だったのだ。
奥まで進めば、間違いなく淫魔がいることは確実。
しかし、その淫魔と戦う為には、この沼を通らなければならず、そうなれば、身体中を粘液にまみれながら、先に進まなければならないことになる。
洞窟は今まで一本道だったわけで、他に道は無い。
それに沼地は、大分先まで続いているようで、粘液に触れないように進むのは、どうやら不可能のようだった。
しばらく変身ヒロインは考えたが、威を決して沼地に足を踏み入れることにした。

ぬちゃっと嫌な音を立てながら、淫魔の粘液が変身ヒロインの聖なるブーツを穢していく。
沼地はすり鉢状というよりは、スロープ状に深くなっているようで、徐々に変身ヒロインのコスチュームに粘液が塗りこまれていく。
ぬちゃぬちゃっって歩くたびにいやらしい音を立てながら変身ヒロインは沼地を進む。
そして、ブーツの履き口まで来ていた粘液の表面が、ついに表面張力の限界に達したことで、変身ヒロインのブーツに流れ込んだ。
ブーツの中には、薄手のニーハイタイツというコスチュームだったが、そのタイツに粘液を防ぐは期待できず、そのまま染みこみブーツに流れ込んだ粘液が直接肌に塗りこまれることになった。
さすがの変身ヒロインも淫気を大量に含んだこの粘液を直接肌に塗りこまれてしまっては、霊力の力で完全に防ぐことはできず、思わず「んあっっ」っと甘い声を出してしまった。
しかし、沼の途中で止まるわけにもいかず、粘液で満たされたブーツを履いたまま、更に歩を進めることにした。

一歩一歩と前に進んでいくが、ブーツを超えたことで、タイツ越しに触れる粘液の表面は徐々に上昇し、膝が粘液で沈んだかと思えば、太ももとどんどん粘液に身体を穢されていく変身ヒロイン。
ニーハイタイツの履き口を超えてからは、直接素肌に粘液が触れてしまう。
先ほどから変身ヒロインは、粘液の淫気にやられてしまい、徐々に身体は火照っており、顔は紅く染まり、吐息からは艶っぽさが漏れていた。
それでもなお前に進む変身ヒロインに、ついに、コスチュームのレオタードの股下まで達してきた。
このまま進めば、いくらコスチューム越しとはいえ、粘液を直接秘部に晒されてしまうことになる。
しかし、ここまで来た以上、ここで引き返すわけにもいかず、変身ヒロインは更に歩を進めることにした。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-魔神戦姫ホーリーナイトユイ

「はぁはぁ……やっと倒せたわ……。うぅ……」
(エ、エナジー、使いすぎて……く……ホーリーグローブと、ブーツが……あ、熱すぎる……蒸れて、気持ち悪いぃ……)

hyui_900.jpg 

 純白の手袋とブーツにエナジーを注ぎ込み多数の敵を倒したユイは、部屋に戻るとベッドに座り、脚を投げ出して休んでいた。

hyui_901.jpg 

 敵を一掃し、部屋に戻った安堵から気を緩めた正義のヒロインは、手足の熱さを我慢できなかった。大切なコスチュームであり、ヒロインの力を扱うための手袋とブーツを脱ぐ。まさか、自分の部屋に敵が潜んでいるなどとは思いもしなかった。

hyui_902.jpg hyui_903.jpg hyui_905.jpg

 片脚のブーツ、片手の手袋を脱ぎ、残ったグラブとブーツもずり下ろしたところで、魔物に襲われる。

hyui_904.jpg

「そ、そんな……アァッ!」
 ユイは慌ててグラブとブーツを履き直そうとしたが、魔物は脱ぎたてのグラブとブーツを素早く奪い去った。
「返しなさい……あっ!? きゃあぁぁぁっ!!」

hyui_906.jpg 

 縄が伸びてきて、ユイの身体に絡まる。ベッドに転がるヒロイン。グラブとブーツが片方ずつ奪われ、さらに残っているものも自らずり下ろしてしまっているため、力を発揮できない。いつもならたやすく振り解ける縄拘束がギチギチと食い込む。

hyui_907.jpg 

 敵は美少女ヒロインの股間を擦る。クリトリスが成長しふたなりとなってしまう。ユイは、片手片足に脱げかけの手袋とブーツを履いた無様な姿で悶絶する。縄拘束が緩まり、変身ヒロインはベッドの上で快楽にのたうち回った。発情しすぎて、レオタードの締め付けだけで息ができないほどに感じているのだ。

hyui_908.jpg 

 奪われたグラブとブーツが、完全に無力化させられてしまったユイの隣に投げ捨てられた。
「はふぅぅっ! んぁ……あぁんっっ! だ、だめ……ひぁ……ッ、だめ、ま、負けちゃダメなのに……あぁぁ……で、でちゃううぅっ!!」
 ユイはたっぷりと、ふたなりからエナジーを搾り取られてしまうのだった――。

hyui_909.jpg 

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-恥辱攻撃に翻弄されるユイ

「戦闘員一人なんて、このホーリーナイトユイも舐められたものですっ!ホーリーキックで倒してあげますっ!!」

悪の組織の一味が暴れていると現場に駆け付けたユイであったが、そこで暴れているのは、どんな幹部級の敵かと思ったら、いつもホーリーパンチやホーリーキックの一撃で倒してきた戦闘員一人だった。
罠かも知れないと思いつつも、ホーリーナイトユイは、ホーリーキックを戦闘員に向けて放つ。

「行きますっ!ホーーーリィーーーーッキィーーーーッッック!!」

hyui_083.jpg 

「うぐっっ!!ぐはっっ…さっ、さすが、ホーリーナイトユイのホーリーキックはよく聞くぜっ…げふっ!」

「当たり前ですっ!戦闘員ごときに負けるホーリーナイトユイではありませんっ!」

ホーリーナイトユイの放ったホーリーキックは、戦闘員のみぞおちに突き刺さり、戦闘員は顔を顰めながらも何とか持ちこたえる。
いつもより打たれ強い戦闘員に若干動揺しつつも、続けてホーリーキックを戦闘員に向けて放つ。

「いつもより防御力が上がってるみたいですけど、これで最後にしてあげますっ!ホーーーリィィ―――ーーキィィーーーーーーッックッ!!!」

先ほども早く蹴り出されたホーリーキックは、今度も戦闘員を目がけて放たれ、そして、戦闘員は打ちのめされる…はずだった。

ガシッ!

「えっ?!せっ、戦闘員なんかにホーリーキックが受け止められてしまうなんてっ!」

最後の一撃のつもりで放ったホーリーキック。
受け止められるなんて思っておらず、動揺を隠せないユイをよそに、戦闘員はニタッっと笑いながら語りだす。

「まさか、ただの戦闘員である俺がここまで強化されているとは思ってもみなかっただろ?俺が着てるのは、お前が何度も倒してきた戦闘員のただの全身タイツとは訳が違う。そう!強化タイツなのさっ!ハハハハッ!」

「そそっ、そんなっ!まさか戦闘員を強化してくるなんてっ…くっ…けど、所詮は戦闘員ですっ!スーツを強化したくらいでっ…きゃあっ!!どっ、どこ触るんですかっ!ああっっん!」

ホーリーナイトユイが話し終わるよりも前に、戦闘員はなんとユイのホーリーキックを受け止めたままっ、空いた片手でホーリーレオタードに包まれたユイの陰部をコスチューム越しに触ってきたのである。

「はぁぁっん!やめなさいっっ!今はっ戦闘中なんですよっ…こんなえっちな攻撃なんてっ…んぐぅっ…あぅぅぅんっ!はっ、反則ですよっっ!ひゃぅぅっん!」

hyui_574.jpg 

「いつもいつも倒されてばっかりの俺達だからなっ!いい思いもしたいってもんだしなっ!それに、お前も感じてるんじゃねえのか?なんか、湿っぽくなってきてるぞっ?あんっ?」

戦闘員の言葉の通り、戦闘員の指によって女陰を責め立てられているユイは、抵抗の言葉とは裏腹に、ホーリーレオタードの奥から愛液を溢れ出していた。

「ああっっんっ!感じなんてっ…いませんっ!んんっっ!!離しなさいっ!ホーリーパァーンチっ!」

hyui_575.jpg 

戦闘員の責めから脱するために放ったユイのホーリーパンチは、ホーリーキックを受け止められた無理な体勢から放った為、十分な威力とスピードが無く、強化スーツをまとった戦闘員には簡単に避けられてしまう。
しかし、戦闘員は、ホーリーパンチを避けながら、ユイを離し、間合いを取る。

「どうだ、わかっただろ?この強化スーツの強さがなっ!今度はさっきみたいな生易しい愛撫じゃねぇぜっ!」

「んっっ…はぁはぁっ…んあっ…何て卑怯な技を…けど、ホーリーナイトユイは、これくらいでは負けまっ…えっ!」

またしても、ホーリーナイトユイが話し終わる前に動きを見せた戦闘員。
しかし、目の前にいたはずの戦闘員を見失ってしまったユイは、きょろきょろと回りを見渡す。

「おせぇよっ!ホーリーナイトユイっ!くらいなっ!!」

「そっ!そんなっ!いつの間に背後にっっぃぃっ…んんっっ…きゃあああぁぁぁっぁっっ!」

ユイの捉えられないスピードで、ユイの背後に回り込んだ戦闘員は、ユイが構えを取るよりも先にユイを抱きしめるような形で締め上げてきた。

「ああぁぁぁっっっっ!!!んぐぐぐっっ…はっっ…はなしなっ…さいっ……!!!」

「離してほしくば、自分で逃げるんだなっ!ホーリーナイトユイ!」

hyui_577.jpg 

あまりにも強い力で身体を締め上げられたユイは、だらしなく口を大きく開き涎を垂らして呻くことしかできない。
そんなユイをよそに、戦闘員は更に強い力で、ユイを締め上げる。

「ひぎっっっ!!きついぃっっ!!んがはっ……」

「さすが強化スーツだぜ!あのホーリーナイトユイが締め上げられても逃げられないなんてなっ!さて、ここからがお楽しみだぜっ!」
そう言って戦闘員は、締め上げを緩め、ユイの大きく形の良い乳房をホーリーレオタードの上から揉みつつ、空いた片手で同じくホーリーレオタードの上から股間を弄りだす。

hyui_579.jpg 

「んはっ…ひゃぁっっ!!んああっっん!なっ、何をしてるんですかっ!ああっっっん!ダメですっ…ユイのおっぱいをそんな無理やり揉まないでっ!ああぁぁっっん!お股も弄らないでっっ!いやぁっぁっっ!」

「いつも俺たちのことを馬鹿にしてたんだからな!その戦闘員に良いようにされるのはどんな気分だホーリーナイトユイ!ほらっ、俺の指でこのまま逝くんだなっ!」

ユイの身体を弄ぶ戦闘員は、胸は揉んだまま、股間を責めていた手を前に回し、ユイのク〇ト〇スを刺激しだす。

hyui_579.jpg 

「ひゃぁぁっ!前はっ…クリちゃん弄ったらダメですっ!!クリちゃん弄ったらダメなんですっ!!」
(まずいっ…このままク〇ト〇ス弄られたら…おち〇ち〇になっちゃうよっ…)

「お前の秘密くらい知ってるぜ!男のあれを持ってるんだろっ?!このまま大きくしてやるよっ!」

「そっ、そんなっ!ああっっん!知られていたなんてっ…あふふっん!ダメぇぇっ、気持ちよくて、どんどん大きくなっちゃうぅっ!」

レオタード越しとはいえ、戦闘員のこねくり回すような乳房責めとク〇ト〇ス責めは、ユイの性感を昂ぶらせク〇ト〇スを成長させるには十分だった。
そして、戦闘員は、性的快感でわずかに緩んだホーリーレオタードの密着力を見逃さず、その緩んでできた隙間から指をしのびこませ、ユイのク〇ト〇スを直接扱きあげる。

「ひぐぅぅぅぅ!ちょっ、直接…くっ、クリちゃん弄られたらっ…ひゃうぅぅぅっ!らめぇっ!おち〇ち〇になっちゃうのぉっっ!」

「女の癖にこんなにも大きくしやがって!こんな変態ヒロイン様に負けていたなんてなっ!見てみろよっ!レオタードの越しなのに、こんなにくっきりしてやがるぜ!」

「やっっ!はっ恥ずかしいぃ…やっ、やめてぇっ!!!」

シュンッ!

顔を赤くさせながらも、何とか最後の力を振り絞り、ユイは戦闘員の拘束を振りほどこうと戦闘員に向けて裏拳を放つ。

「きゃっっ!」

ドシッ!!

hyui_581.jpg 

「おっとっ!さすがホーリーナイトユイ!まだ抵抗してくるとはなっ!」

必死で振りほどいた衝撃で、ユイはそのまま転倒してしまう。
ユイの抵抗を振りほどいた戦闘員は、ユイが立ち上がるよりも前に、ユイの腹を踏みつける。

hyui_583.jpg 

「あぐぅぅっっ! そっ、その脚をぉっ…いぐぅぅぅっ…のっ…のけなさいぃっ…あぁぁぁぁーーーー!」

「これから気持ちよくしてやろうっていうのによっ!仕方ねぇっ!一回眠ってもらうかっなっっと!!」

「あががががぁぁぁぁっ…つぅっ…強いっっ……んあはっっ……」

hyui_584.jpg 

あまりにも強い戦闘員の踏みつけに、ユイは白目を向き口から泡を噴出しながら、遂に気絶してしまう。
この後、凌辱地獄が待ち構えているのも知らずに……

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-新月の夜

~登場編~


聖なる力が最も弱くなる新月。
それは、聖なる力を加護に闘うホーリーナイトユイも例外ではない。
しかも、今宵の新月は、同時に朔も迎えるのだ。
朔のときには、聖なる力はもっとも弱くなってしまう。

そんな状態にも関わらず、月明かりの無い薄暗い深夜の公園に、ホーリーナイトユイは姿を現す。

「今日は新月…聖なる力がもっとも弱まってしまう日…こんな日に敵が現れるなんて、ホント最悪ですっ!でもっ、ホーリーナイトユイはどんな状況だって負けたりしません!」

hyui_081.jpg 

いつもの口上とは異なり、悪態を吐きながら参上したユイ。
敵は、ユイの力が弱まるこのタイミングを知っていたのだろう。
ユイが登場するや否や漆黒の闇から姿を現す。
人の形をした悪魔であった。


~ピンチ編~


悪魔との戦いは、ユイにとってかなり劣勢なものだった。
そして、ユイが一瞬油断した瞬間に悪魔は、魔の波動をユイに放った。
ユイは、それを交わすこともできず、その場に転倒してしまう。

「んっきゃっっ!!……くぅっっ!やっぱり…聖なる力がいつもの半分も出ていないっ…こっ、このままじゃ、負けちゃうっ…」

hyui_571.jpg 

何とか立ち上がろうとしたユイの身体に異変が現れる。

「…えっ…なっ、何っ!ここっ…これって…ああっ…ダメっっ!こんなところでっ!」

hyui_570.jpg 

立ち上がろうとした姿勢が崩れ、何とか再び転倒するのは避けたユイだったが、自ら脚を開き股を悪魔に見せつけるような姿勢になった。

「ああっっ…私のっ…私のク〇トリスが大きくなっておち〇ち〇になってしまいますぅぅっ!」

ユイの叫びと共に、M字に開いた股にはコスチュームを押し上げるように、男性器そのもののシルエットが現れる。


~ピンチ2編~


立ち上がり、再度悪魔に向かって、戦闘姿勢を取るが、身体は火照り息は荒々しくなっている。
それでもユイは、敵に立ち向かおうと駆け出したのだが、コスチュームに勃起した乳首とクリペ〇スが擦れてしまい、敢え無く喘ぎを上げてしまう。

「ひぅぅぅっ!乳首とおち〇ち〇がコスチュームに擦れてぇぇぇっ!きっ気持ちよくて戦えないぃっ~~~」

hyui_572.jpg 

深夜の公園にも関わらず淫らな声を上げ、涎を垂らしながら悶絶するユイ。
悪魔はユイの淫らな姿を眺めながらも、表情を変えずただ佇んでいる。


~オナニー編~


聖なる力を失い、悪魔の波動を受け、乳首とクリペニスを勃起させ、淫らに乱れるホーリーナイトユイ。
対照的に、悪魔はそれからユイに攻撃を加えることなく、ユイの乱れる姿を眺めてたままであった。
そして、いつからか悪魔は姿を消していたのだ。

ユイは、快感に溺れるあまり悪魔がいつ消えたのか気づいていなかった。

「ははっぁぁんっっ!あうぅっ…あっ、あれぇっ?あっ、あくまがいなくなってるぅ…みっ、見逃されたのっ??…そっ、それよりもっ…ああっっんん!こっ、このうずきをぉぉっはやくおさめないとぉぉっ~~~」

悪魔を倒すという名分があったからこそ、ユイは性欲を必死に抑えようとしていたのだが、その悪魔が消えてしまったことに気付いたの性欲を抑えるものは何もなかった。
このままここでオナニーを始めてしまってもよかったが、わずかな羞恥心から、近くにあった公衆トイレの個室に入ったのだった。

hyui_573.jpg 

「はぁぁ~はぁっ~こっ、ここならぁっ好きなだけっっ~おち〇ち〇弄れるのぉっっ~~あああっっ~んきもちちぃぃ~~おち〇ぽぉぉ~おち〇ぽきもちちぃぃののぉぉぉぉ~~」

個室に入ったユイは、すぐさま淫らな感情を抑えることなく、大きく硬くなったクリペ〇スを恥ずかしげもなく扱き続けるのであった。

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-地下研究室 エピローグ

何とか今回も無事に悪の組織から待ちを救ったホーリーナイトユイ。
しかし、倒せたとはいえ、五度に渡るエナジー放出は、魔力エナジーが戻り、力を復活させたユイと言えども、疲労感はすさまじいものがあった。

「ふぅっ。今回は、手ごわい敵でした。まさか、五回もおち〇ち〇からエナジーを放出させられるなんてっ…」

自分の部屋に入り、ベットに座り込むと今日の戦いを思い出しつつ、一気に肩の力を抜いた。

hyui_011.jpg 

「もうエナジー出したくないけどっ……出さないと変身解除できないしっ…6回目だけど、射精しないとっ…ああっっん!」

敵にどれだけ魔力エナジーをふたなりペ〇スから絞られようとも、ユイの変身解除の方法は変わらない。

「あぁぁ~っっ~おち〇ち〇っ…熱くなってるぅ~~!きもちぃぃぃ~きもちぃぃぃよぉぉぉ~~~~~~」

hyui_506.jpg 

6回目になる射精に向けて、ユイは部屋の中で、勃起したままのおち〇ち〇を扱きだすのであった。

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-地下研究室 第5話~ユイは負けませんっ!~

地下通路でのホーリーレオタードによる責め。
らせん階段の手すりでしてしまった自慰。
縄による緊縛絶頂。
そして、失禁までしてしまった瘤縄渡り。

幾度に渡るエナジー放出で、ホーリーナイトユイの聖なるコスチュームは、ありとあらゆる液でぐちゅぐちゅになっていた。
ホーリーグローブの中は、自分の汗でぐっしょりと濡れ、外は愛液とも涎とも取れる液体で汚れている。
ホーリーブーツも同じく汗でずぶずぶになり、こちらも瘤縄渡りで滴り続けた愛液でブーツの中を液体に粘性を与えている。
何より、最後の失禁によって、ユイのお〇っこがブーツの中に入ってしまい、純白だったホーリーブーツがユイのお〇っこで黄ばんで見えた。
そして、何より汚れきっているのがホーリーレオタードである。
4回に渡るエナジー放出でも、愛液やお〇っこは滴り落ちているのに、白濁エナジーだけは、レオタードの中にとどまり、ユイの身体とレオタードの間の潤滑油の役目を忘れていなかった。
それに、ユイの身体から出た汗や涎がかかり、何ともみすぼらしい姿になっていた。

「くくくっ!やれやれ、見る影も無いですね。ホーリーナイトユイ。しかし…いくらなんでも研究対象がこんなに汚れていては、使いものになりませんね。仕方ない、洗うとしますか。」

そんな姿にさせた張本人である男は、ここまでしておいて、実は綺麗好きだったのである。
研究対象がこんな姿のままなのが我慢できなかったのか、お得意の魔方陣を発動させ、研究室内のプールへユイを運び、そのまま投げ入れたのであった。

バッシャーーーーン!

という大きな水音を立てたかと思うと、ユイの身体は水中に投げ入れられる。

「……んぐっぅ…っががはっっっ!がぼぼぼぼっっ!……」
(なっ、何っ?!えぇっっ!水?!おぼれるぅぅっーーーーー…って、あれ?足が付く?)

突然水中に投げ入れられたことに動揺したユイであったが、思った程浅かったことに気付き、何とか立ち上がった。

「…んはっぁぁぁ~~~~!はぁ~はぁっ~なっ、何てことするんですかっ!」

hyui_018.jpg 

ユイは、男の姿を見つけて、怒りをぶつける。

「くくくっ!やれやれ、相変わらずにぎやかな正義の戦士様ですね。その汚い身体を洗ってあげているのですよ。」

とは言う割に、男は水に落してから、特に洗おうとするわけでもなく、研究資料を眺めているだけであった。

「あっ、洗うってっ!私のこと散々辱めておきながらっ!貴方は一体何を考えているんですっ!」

怒りに肩を震わせながら、男に向かっていこうとしたユイ。
しかし、すぐさま水面の異変に気が付く。
ユイが投げ込まれて発生した波紋が消えて、緩やかな水面になっていたのだが、突如、水中から泡が噴出したかと思うと、ユイのまわりを包み込む。

「えっ!えっ?!なっ、何っ?!何が起こっているんですかっ?!」

「くくくっ!さっきから言っているでしょう。『洗う』と。その水槽の中には、女性から排出されるあらゆる液体に反応するスライムが入っています。その効果によって、貴方の身体を洗うのですよ。ただ、その反応が起こると、副作用で逆に女性の身体を敏感にさせてしまう効果も発動してしまいますが。くくくっ!あぁ~、そうそう。散々あなたのレオタードの中に溜めておいたその魔力エナジー。一緒にもらおうとしましょうか。そのスライムには、魔力エナジーを直接吸収する効果もあるんですよ。もちろん、副作用は変わりませんが。くくくっ!では、あなたの身体から魔力エナジーを封入させていた魔法を解除しますね。くくくっ!」

hyui_019.jpg 

男の説明が終わるとすぐさまにユイの周りの液体に反応が起こる。
まず、ホーリーブーツに入り込んだそのスライムは、すぐさまユイが排出した汗と愛液、お〇っこに反応する。

「あぁぁぁっっ~~~私のホーリーブーツの中にぃぃっ、スライムが入ってきますぅぅぅ~~いやっっぁぁ~ブーツの中で指の先まで甞めとられているみたいですぅぅぅ~~~」

スライムによって洗われる行為は、まるで舌で脚を甞められるようなぞわっっとした気持ち悪いような感覚だった。
しかし、男の言うとおり、スライムが体液と反応した効果で、すぐさまその気持ち悪さが気持ちよさに変わってしまう。

「んふぅっっ…このスライムっっ…きもちいぃぃっっぃ…気持ち悪いはずなのにぃぃぃぃ~~~~
 んあぁぁっ~~~~今度は、ホーリーグローブの中にぃぃ~ホーリーグローブの中にもスライムが入ってきたのぉぉぉぉ~~~~」

脚の指先までスライムに洗われ更に快楽責めをされ、今度は、ホーリーグローブに包まれたユイの手にスライムが入り込んできた。

「脚だけでもこんなにきもちぃぃのにぃぃぃ~~~ホーリーグローブの中もぉっ!ユイの指までスライムに犯されてしまいますぅぅぅぅっ~~~はぅぅぅっ~んっ!!」

ホーリーグローブに取り付いたスライムは、今度は、ユイとグローブの間に入り込み汗を洗い落しながら、グローブの表面に付着した愛液や涎も一緒に洗い取っていく。
当然、ユイの手にもスライムの効果は発動し、スライムが指を洗うたびに、ユイは恥ずかしくも淫らな声を上続ける。

「ひぅぅぅっ~~~らめぇぇぇぇ~~~ユイの手と脚がぁぁっ~~~スライムなんかに犯されてるのぉぉぉぉ~~~…えっっ!だっっ!だめぇぇっ!!そこはぁ~そこは入っちゃだめなのぉぉぉ~ユイのぉぉぉぉ~~~レオタードの中に入っちゃだめぇぇぇ~~~~!!」

残ったスライムが目指すのは、当然ユイの体液でぐっしょりと汚れたホーリーレオタードである。
レオタードの表面に取り付いたスライムは、涎や汗、股間に張り付いたものは、溢れ出たユイの愛液とお〇っこ。そして、男によって解かれ、隙間からぐちゅりと溢れ出ていた魔力エナジーであるユイのザーメンにも取り付いた。
そして、ユイの身体とレオタードの間に満たされたユイのザーメンエナジーと汗、愛液、お〇っこが詰まったここに一気にスライムが入り込む。

「ひゃぅぅっぅんんんん~~~~~らめぇぇ~~~~ホーリーレオタードの上からおっぱい揉まないでぇぇぇぇ~~~あぅぅぅんん~~~いあやぁっぁぁぁ~~~そこはだめぇぇぇ~~~ユイのぉぉおちんちんのぉぉ~先っぽとかはいらないでぇぇぇぇぇ~~~んぐぐぅぅぅっ~~~ユイのオマ〇コもぉぉぉっお〇っこのぉ穴もぉぉぉぉっっっ~~~いっぱい入ってくるよぉぉぉぉっっ~~~身体中弄ばれているみたいできもちぃぃぃよぉぉぉぉぉぉ~~~」

スライムに体を揉みし抱かれながら、身体を現れ続ける少女戦士。
スライムの媚薬効果の影響で、身体を現れているにも関わらず、たまらずオマ〇コから愛液を滴らせ、おち〇ち〇からは先走りを溢れ出すが、すぐさまスライムに取りつかれ、そのまま洗われてしまう。

「ひぅぅぅぅぅ~~~らめぇぇぇ~~~こんなのぉぉぉ~こんなの気持ち良すぎてぇぇ~~変になっちゃいますぅぅぅぅ~~~なんとかぁぁぁ~~~何とかここから抜け出さないとぉぉぉぉぉ~~~」

このままではスライムに犯され続け、身体の体液を洗われる前におかしくなってしまうと思ったユイは、スライム粘液プールをかき分けながら、プールサイドへ向かう。

「くくくっ!洗ってあげているというのに、逃げ出すなんて。くくくっ!まぁ、逃げても一緒ですが。くくくっ!」

チラッとユイを見たかと思うと、プールサイドから上がるユイを気にせず、男はまた資料に目を向ける。

「あぁぁっっっ~~~~らめぇぇなのれすぅぅぅ~~~はっ~はやくぅぅぅ~~~早くあがらないとぉぉぉぉ~~~」

渾身の力を振り絞り、何とか水面から上がるユイ。

hyui_527.jpg 

これでスライム地獄から解放されるかと思いきや……

「あぁぁぁぁっっっっ~~~あがってもぉぉ~~ホーリーブーツとグローブとレオタードの中にスライムが入ったまままでぇっぇぇぇっ~~~あがってもきもちぃぃままだよぉぉぉぉ~~~」

大量のスライムプールから逃げ出したユイであったが、ホーリーナイトのコスチュームの中にいたスライムを取り除くことまではできなかった。
その為、コスチュームの中から、スライムに体を洗われ続けることになる。

hyui_528.jpg 

「だめめぇめぇ~~~スライムさんぅっっ~~~ユイのコスチュームから出て行ってくださいぃぃぃぃ~~~」

スライムが言うことを聞くわけもなく、逆に、スライムを取り除こうとホーリーレオタードの上から直接乳房と勃起しきったおち〇ち〇を触ってしまい、その刺激に更にユイは反応してしまう。

「ひぅぅぅぅっ~~~スライムのぉぉぉ~スライムの効果れぇぇ~~~ユイのおっぱいもおち〇ち〇もぉぉぉ~~~すっごくきもちぃぃぃのぉぉぉぉぉ~~~~」

もっとも体液で満たされたホーリーレオタードに包まれた身体を直接触ったわけである。
スライムによる媚薬効果はすさまじく、生地の擦れだけでも、絶頂に達してもおかしくないはずであるが、それを直接触ってしまったユイは、たまらず身体を仰け反らせ、オマ〇コからは凄まじい潮を吹きながら、おち〇ち〇からも5度目となるエナジー放出をしてしまった。

「あぁっっっ……ユイのぉぉっ…ユイのエナジーがっ、またいっぱい出てしまったのぉっっぉ~~~!」

とガクッっと身体を振るわせながら、倒れこみそうになったところで、ユイは水面に起こった異変に気が付いた。

「んっ…はぁぁっ…はぁっ…えっ?!こっ、これってっ!」

hyui_529.jpg 

大量の魔力エナジーを放出して、脱力しきり、もう立ち向かうこともホーリーナイトのコスチュームも維持できないはずのユイであったが、ユイの5度目の魔力エナジーの放出を受けた直後から、水面が白く輝きだしたのである。

「くくっっ…なっ!なにっ!!しまったっ!エナジーを吸収しすぎて、スライムがユイのエナジーによって分解されてしまったのか!しかも、その魔力エナジーがユイに戻されてしまっているだとぉ……( ゚д゚)ハッ!」

自らスライムとユイに起こったことを説明してしまった男は立ち上がりこちらを鋭い視線で見つめているユイに気が付いた。

hyui_027.jpg 

「ふふっ!今までしてくれた数々の辱め…ユイは絶対に許しませんっ!いきますっ!ホーリィィィーーーーキーーーーーッック!!」

hyui_023.jpg 

「アべしっっっっ!…ギャフッン…」

バタッ!!

hyui_026.jpg 

トンッ!

ユイの放った怒りに満ちたホーリーキックは、男の顔面に見事直撃し、一撃で男を倒したのであった。

「ふぅぅっ、手ごわい男でしたけど、何とかこれでまた悪を一つ滅ぼすことができましたっ!悪が居る限りホーリーナイトユイは負けませんっ!」

hyui_032.jpg 

勝利の余韻に浸りながら、ユイは地下研究所を後にするのだった。

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-地下研究室 第4話~絶頂の縄渡り~

縄による緊縛拘束責めにより、またもやエナジーを放出してしまったホーリーナイトユイ。
本来で有れば、当に変身が解けてしまっているはずが、男の魔法によるものかなおも変身姿を保ち続けている。
しかし、その姿からは凛々しさは消え、幾度に渡る快楽責めによって、汗とも愛液とも思えない液体でホーリーナイトの聖なるコスチュームを汚していた。
先ほどと違うのは、ユイを締め上げていた縄は跡形もなくなり、その代りに、両手を上にした姿で拘束されてしまったふたなり戦士の姿であった。

hyui_523b.jpg 

「……んっっ…こっ…ここはっ……えっ…あっ、なっ、なにこれっ!手が拘束されてるっ…ってことはっ…私っ…捕まっちゃった…ってことぉっ…?」

絶頂失神から目を覚ましたホーリーナイトユイは、両手首に食い込む縄の刺激に気付き、すぐさま自分の置かれた状況に気付き、男に捕まってしまったのだと自覚するのであった。

「くくくっ!これはこれは、お姫様。随分お寝坊さんですね。くくくっ!」

今度は姿を隠すことはせず、はじめから研究室にいた男が立ち上がり、ユイに向かって歩んでいく。

「あっ!貴方はっ!よくもぉっ!よくも私を辱めてくれましたねっ!それにっ!解きなさい!これをっ!」

男の姿を見つけると、ユイの目にはいつもの戦士の光が戻ったが、残念ながら、今は拘束されており男に向かうことができない。

「くくくっ!威勢のよいお姫様ですな。くくくっ!そんなにその拘束を解いてほしいのですかな?」

下卑た笑いはそのままに、ユイの間近まで現れた男は、ユイの顎をくいっと掴みあげ、上から見下ろしてくる。

「当たり前ですっ!そしてっ!貴方を絶対に倒してみせますっ!」

「くくくっ!やれやれ、威勢がいいにも程がありますな。それに、縄を解いた瞬間に攻撃をされては堪りませんからな。私は生憎肉弾戦とかは嫌いなものでね。くくくっ!」

ユイの顎から手を放した男は、ユイから離れたと思うとまた魔方陣を描き出した。
すぐさま男の魔術が発動し、男のすぐ横に一本の縄が渡された。

「なっ、何なんですっ…その縄わっ!」

突如現れた得体のしれない縄に、若干動揺しつつも、気丈に男に問いかける。

「くくくっ!これはですね。貴方にまた楽しんでもらうためのものですよ。」

と言うと、男は再度魔方陣を描いた。
この魔方陣が生み出す魔法によって、ユイの身体がふわっっと浮かび上がった。

「えっっ?!えっっ?!嫌っっ!離してっっ!」

慌てるユイをよそに、魔法はどんどん発動し、ユイはその縄を丁度跨ぐような恰好で立たされたのであった。

「くくくっ!その両手の拘束を解いてほしいのでしょう?それでは、この縄を渡りきれば、その拘束は解いてあげましょう。」

「なるほどっ!そんなことですかっ!それくらいなら、ホーリーナイトユイには簡単なことですっ!」

「くくくっ!これは頼もしい。正義のヒロインとして恥ずかしい姿は見せないでくださいね。くくくっ!」

hyui_518.jpg 

跨った縄の先にただ進めばよい。
ユイは単純にそう考えていた。
しかし、ユイは前に渡された縄を見て驚愕する。

(えっ!こっ…この縄っ…ところどころに結び目が…それに、この縄。跨げないように私の股間に食い込むくらい引き上げられてるし…こんなのであの結び目を通ったら…)

男の仕掛けた罠に気付き動揺する少女戦士。

「くくくっ!どうしました?拘束を解いてほしいのでしょう?そしたら、前に進むのです。くくくっ!」

「わっ、わかっていますっ!今から行くところですっ!」

そう強がりながらも、何度も性感を昂ぶらされている身体。
あの結び目を通った刺激に耐えられるであろうか。
不安とこれから身体に起こる快楽に震えながらも、前に進みだすのであった。

「くくくっ!遅いですね。すぐに渡れると言っていたと言うのに。くくくっ!」

「こっ、これからスピードアップするのですっ!…きゃふぅっっ!」

と反論する間もなく、割れ目を刺激する縄によって、恥ずかしい声を上げてしまうユイ。

「くくくっ!おやおや?変な声を出して。もしかして、縄を渡っているだけなのに、感じてしまっているのでしょうか?」

「そっ、そんな訳…ありませんっ!今のは、ちょっと躓いただけですっ!」

と男に強気な反応を見せつつも、確実に縄の刺激によって感じてしまうユイ。
そして、遂に、ユイのオマ〇コに縄の結び目が到達する。

「いっっ…ひうぅぅぅぅぅ~っっ!」

hyui_519.jpg 

(なっ、何この結び目…通っただけで、すっごく気持ちいい…まずい…あと何個も結び目があるっていうのに、私…渡り切れるかな…)

「くくくっ!どうしました?まさか、結び目を通ったくらいで、達してしまったのですか?ホーリーナイトユイともあろうお方が。くくくっ!」

「そっ、そんなわけっ…ありませんっ!これしき、何ともありませんっ!」

「くくくっ!そうですか。では、頑張って先に進んでくださいね。くくくっ!」

男に馬鹿にされつつも、今の状況では男を倒すこともできず、しかも縄はまだ続くという絶望的な状況に、ユイは悔しさを感じながらも、身体は食い込み続ける縄によって、感じさせられ続ける。

hyui_519.jpg 

結び目に何度も気をやりそうになりながらも、何とか残り2つの結び目を通れば、縄の終わりというところまで来たユイ。
しかし、最初の頃の気丈な姿は最早なく、食い込む縄が擦れる刺激と結び目による突起責めによって、口からは涎を垂らし、股間は、愛液でぐっしょりと濡らしていた。

「ひゃっっ!ああぁっっ…んんんっっっ!…ダメっぇぇっ!この結び目っっ!きもちいぃぃぃっぅっ!」

「くくくっ!随分この縄が気に入ってくれたようですね。ほら、あと少しですよ。くくくっ!」

(あぁっっっ…あと…あと少しなのにぃっ…縄が…縄が気持ちよすぎるぅぅぅぅぅ~~)

hyui_521.jpg 

「くくくっ!いよいよあと一つですね。くくくっ!さぁ、渡るのです。」

男の言葉も耳に入らないくらい虚ろな目になりながら、ようやく最後の結び目を結び目をユイのオマ〇コに通そうとしたその瞬間―――

「くくくっ!拘束を解く前に、ここまで来たご褒美を上げましょう。くくくっ!さぁ、これでも食らいなさい!」

と言うと、ユイの目の前の縄を思いっきり引き上げ、ユイの股間に結び目を更に食い込ませ、左右に震わせたのである。


「えっ?!ひぐぅぅぅぅっ~~~~だっっ…だめぇぇぇっっ~~~ダメですっっっっーーー!縄をそんなことされたらぁぁ~ユイのオマ〇コにいっぱいいっぱい食い込んで感じちゃうぅぅぅぅ~~感じちゃいますぅぅぅぅ~~~あぁぁぁぁ~ユイのおち〇ち〇にもあたってますぅぅぅ~~~~だめえぇぇぇっっ~~~まけちゃいますぅぅぅぅっ~~~せいぎのぉぉぉ~せいぎのひろいんなのにぃぃぃぃ~~~~いあやぁぁぁぁ~もう逝きたくないぃぃぃ~~~~逝きなくないのにぃぃぃぃ~~~いぐぅぅぅぅ~~~いぎますぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~~~~!」

hyui_522.jpg

一際激しい喘ぎ声を上げたかと思うと、ユイは身体を仰け反らせ、縄に股間を押し付けたまま、白目を向いて天を仰ぎ、口から泡を吹きながら、おち〇ち〇からはエナジーを噴出し、オマ〇コからは大量の潮を吹いてしまっていた。
そして、あろうことか、正義のヒロインとしてあり得ない失禁まで男の前で披露してしまったのであった。

「くくくっ!ホーリーナイトユイ!完全に堕ちましたね!くくくっ!くははははっ!」

男は、ホーリーナイトユイの情けない姿を見ながら、高らかと勝ち誇ったように笑い続けれるのであった。

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-地下研究室 第3話~疲弊したヒロインに襲い掛かる更なる罠~

手すりで自らのおち〇ち〇を慰めるという恥ずかしい行為をしてしまったふたなり戦士。
絶頂の脱力から何とか脱することが出来、再び二度の絶頂で疲れ切った身体を手すりで支えながら、何とか階段を進む。
すると、今まであれだけ進んでも階段の上にたどりつくことの出来なかった階段の頂上へあっさりとたどり着くのであった。

hyui_024.jpg 

「んんぅっっん…はぁっ…んぐっ…はぁっ…やっ…やっぱりぃっ、あの男とのぉっ…罠だったのっ…ねぇっ… それにしてもっ…こっ、ここはっ…」

hyui_022.jpg 

全身汗だくになり、今にも崩れ落ちそうなくらい疲れ切った少女戦士は、息も絶え絶えになりながら、たどり着いた頂上を見渡す。
そこは、地下とは思えないほどの広い空間が広がっていた。
まるで日中の陽の下に居るのではないかと思えるほどの明るさの中に、研究室とは思えない南国のプールを思わせるようなヤシの木の観葉植物やビーチチェア、それになぜかプールのようなものまであったのだ。

「んんっっ…はぁっ…んんっ…こっ、こんなところでっ…あの男…何をぉっ…してるのぉっ…」

ゆっくりと歩きながら、研究室の設備をぐりと見渡すも益々研究室とは思えなかったユイ。
何より、あの男の気配を感じなかったユイは、疲れていたこともあり、敵の研究室内にいるにも係らず、ビーチチェアに腰かけて少し身体を休ませることにした。

「はぁっぁぁ~~っ…んんっ…本当に今日は…何て日なのっ…まだホーリーレオタードの中でエナジーがぐちゅぐちゅしてるしっ…はぁっんんっ…それにしてもっ…あのおとこっ…どこっ…にっ…………すぅぅ~~……すぅぅ~~……」

hyui_016.jpg 

二回のエナジー放出に魔力も体力も消耗しきっていた少女ヒロインは、ここが敵の研究室だということも忘れて寝入ってしまったのだ。
それをあの男が見逃すわけもなく、ヤシの木の影の暗闇から空間を破って姿を現したのだった。

「くくくっ!これがあの聖なる戦士ホーリーナイトユイですかっ!くくくっ、これくらいで疲れて眠ってしまうとは。全くもって無防備な姿です。くくくっ!」

と言いながら、ユイに近づく男。
ユイは、どうやら完全に眠ってしまったようだ。
しかし、いくら疲れていても、正義のヒロインであるホーリーナイトユイがこの程度で眠ってしまうわけもなく、当然、このビーチチェアもこの男が仕掛けた罠であった。
そうとも知らず、熟睡してしまったユイは、男に無防備な姿をさらし続けることになった。

「くくくっ!次は、どんな辱めに遭ってもらおうかな…くくくっ!それに、何度も射精したこのペ〇ス。本当に研究対象としては最高な素材ですね!くくくっ!」

下卑た笑いをしながら、ビーチチェアに座ったユイの脚を両側に大きく開脚させ、勃起したユイの男根を目立つような恰好にさせ、まじまじと研究対象を眺める男。

「……うっ…あっ…んんっっ……」

と、男に開脚されたことに少し反応を見せるユイ。

「くくくっ!寝ていながらも反応するとは。くくくっ!この椅子に座ったものは、完全に熟睡してしまうのですが、さすがはホーリーナイト。起きられては厄介ですし、さっさと次の辱めを施すとしましょうか。くくくっ!」

ユイの身体から離れた男は、また魔方陣を唱えたかと思うと、手の中に何やら怪しげな縄を作り出した。
その縄をユイの前に置いたかと思うと、さっきとは別の魔方陣を描き、縄を操りだしたのだ。

「くくくっ!美しい正義のヒロインには、縄化粧がよく似合う。くくくっ!さっ、仕上げです!」

縄を自在に操り、眠っているユイの身体にスルスルと編んでいく男。
あっという間に、ユイの身体に男の生み出した縄が絡みつき、亀甲縛りをしてしまったのだ。

「くくくっ!美しい…実に美しい…!くくくっ!さぁ、ホーリーナイトユイ!今度はどんな恥態を晒してくれるのかな!くくくっ!」

また下卑な笑いをしながら、男はまたヤシの木の影に現れた空間の中へ消えていったのだ。


男が消えたかと思うと、ユイに掛かっていた魔法が解けたのか、ユイが意識を取り戻す。

「んぁはぁっっ~んっ!はっ!私っ!寝ちゃってたっ!ダメダメっ!敵のアジトで寝てしまうなんてっ…って…えっ?!」

意識を取り戻したユイであったが、すぐさまに身体を締め付けてくる刺激に気が付き、身体を眺める。

「えぇっっっ!あぁぁっ…なっ、なっ、なにっ!この格好ぅぅっ!あぅっ…すぐに外さないとぉっ~あっぁっっ…ひぅぅっ!!」

hyui_544.jpg 

ホーリーレオタードの上に編みこまれた縄化粧に驚いたホーリーナイトが縄を解こうと思い身体を起こそうと姿勢を変えるや否や、編みこまれた縄がきつく身体に締まり、ユイの身体にきつく食い込むとともに、ユイの勃起したままのおち〇ち〇も同時に責めたてる。

「はっぅぅぅんんっ!こっ、この縄っ…きつくぅぅきつく締ってぇくるぅぅぅぅ~~~だめぇぇぇっ~おち〇ち〇も縄の締め付けにぃぃぃぃっ~~~またきもちよくなっちゃうぉぉぉっっ~~~」

男の魔力によって眠らされていたとはいえ、眠ったことによって少し体力を回復させたユイであったが、起きた直後の緊縛責めにすぐさま快楽の坩堝へ陥れられる。

「この縄ぁぁっ~~身体にぃっ~おち〇ち〇にぃぃっおっぱいぃにいっぱいぃ食い込んでくるぅぅのぉぉぉ~はぁはぁんっ~~縄がこんなに気持ちいぃぃなんてぇぇっっ~~」

ただ縄が食い込んでいるだけではあるが、その縄はあの男が仕掛けたものである。
当然、ただ食い込んいる訳ではなく、ユイの大きな乳房を包み込むように締め上げ、股間の縄はユイの男根を扱きあげるように締まり、股下の縄はユイの割れ目の締め付けながら刺激を繰り返す。

「こっ…このままだとぉぉっ~~~縄だけでいっちゃうのぉぉぉっ~~~そんなのぉ正義戦士としてぇぇぇ~絶対にだめなのぉぉぉ~~~それなのにぃぃぃ~~やめられないよぉぉぉぉぉ~~~」

緊縛責めに体が激しく感じ続けるユイは、ビーチチェアから転がり落ち、何とか縄拘束から解放されようと、よちよち歩きで動き回るが動けば動く程縄は締ってしまうので、結果的にユイは自ら縄を使った自慰行為をしてしまうことになった。

「はぅぅぅぅ~~ん、だめぇぇぇ~だめなのぉぉぉ~だめなのにぃぃぃ~~~この縄ぁぁぁ~この縄きもちちぃぃぃよぉぉぉぉ~~~だめぇぇっ~~~またっぁぁ~~~また逝っちゃうぅぅぅ~~~~逝っちゃうのぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~!!」

と絶叫のまま果ててしまったホーリーナイトユイは、緊縛拘束されたホーリーレオタードの中に三度目の白濁粘液エナジーを放出してしまうのであった。
さすがに、三度目の絶頂に意識を失い、そのまま地面に崩れ落ちるのであった。

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-地下研究室 第2話~誘惑の階段~

地下通路で見つけた男を追って、通路奥まで来たユイは、扉から漏れる光を見つけた。

「んんっっあっ!やっ、やっとっ…どうやらっ、んんあっ!こっ、ここがあの男のアジトみたいねっっ…んんっ!」

地下通路の責めで昂ぶられた性感は、なおもユイを蝕み続けていた。
何より、ホーリーレオタードの中に出してしまったエナジー粘液がホーリーレオタードとユイのおち〇ち〇の間で潤滑油の役割を果たし歩く度に、ユイの身体を責め続けていた。

「はぁぁっ、はぁぁっ~~これ以上、我慢もできないしっ…んんっっっ…早く、あの男をっ…倒さないとぉっ…」

ぎぃぃぃぃ~~

っと重々しく鉄の扉を軋ませ、ユイはその地下研究室へ足を踏み入れた。


扉の中に入ってみると、すぐにらせん階段が続いていた。
そして、何より、そのらせん階段の部屋は、今までの地下通路とは違い、明るくまるで外からの太陽光が漏れてきているのではと思ったが、今が夜だったことを思い出し、それが人工のもだとすぐに気が付いた。

「っんんっ…こっ、この階段を登れってことねっ…はぅぅっ……」

hyui_014.jpg 

カツゥーン…カツゥーン…

鉄の踏み板で出来たらせん階段は、ユイが歩む度に金属音を響かせる。

「んはっ…んんっっっ…はぁはぁっ…まだ続いてるのぉぉっ?すぐに上に着けると思ったのにっ…」

hyui_015.jpg 

上を見上げるとすぐに終わりそうならせん階段であるが、どうやらあの男によって幻惑を見せられているようだ。歩いても歩いても中々登りきることができない。

「あっふぅぅっ~~さっきずっとホーリーレオタードとおち〇ち〇が擦れててぇぇっ…はぁはっ…んぐっぅぅっ~もっ、もぉぉっ、我慢できないっ……またエナジー出しちゃうことになるけどぉぉ…このままだったら登れないからっぁっ…ここっ…ここでぇぇっ…しちゃぉぉっ…」

と言うと、ホーリーナイトユイは、手すりで身体を支えながら、左足を大きく後ろに上げ、手すりを跨ぐような姿勢になる。
左足が踏み板の反対側に付きそうなところで、手すりがユイの割れ目に食いついた。

「ひぐぅぅぅっ~~きっ、きもちいいぃよぉぉぉぉ~」

正義の変身ヒロインとは思えない格好となり、何とホーリーナイトユイは、手すりを使ってオナニーをし始めたのだった。

「ああぁぁっぁっっっ~~~手すりがぁ~手すりが~ホーリーレオタード越しに責めてくりゅぅぅぅっ~~~きもちちぃぃょぉぉぉぉ~~~」

hyui_514.jpg 

一度白濁液を出したとは言え、再度昂ぶらされた性感は、重力によって手すりに押さえつけられた衝撃で、ホーリーナイトユイを激しく責め立てる。

「これぇぇぇっ~とまらないぃぃぃ~とまらないよぉぉっ~~~おち〇ち〇もぉっこれでこすってみたらっ…ひぐぅぅぅぅ~ダメェェェェ~おち〇ち〇の先っぽぉぉぉ~ホーリーレオタード越しなのにぃぃぃx~きもちよすぎるぅょぉぉぉ~~」

hyui_515.jpg 

最早、男を見つけ倒すという目的を忘れ、ひたすら手すりでオナニーを続ける変身ヒロイン。
凛々しい表情は淫らに涎を垂らし、白目を向きながらも身体は手すりに股間を擦り続けるという変態な格好で性欲を満たし続ける。
そして、限界に達した少女戦士は、二度目の絶頂を迎える。

「いぐぅのぉぉぉぉ~~ホーリーナイトぉぉユイぃぃ~手すりでぇっおなにぃぃぃしながらぁ~~ザーメンエナジーぃ~いっぱいいっぱいぃ出してぇっいっちゃいますぅぅぅぅぅ~~ひぎぅぅぅぅぅぅっっっっ~~~」

一気に迎えたオルガムスに、ホーリーナイトユイは、手すりにまたがったまま、またしてもホーリーレオタードの中に聖なるエナジーを放出しアヘ顔を晒しながら、身体をぴくぴくさせながら、絶頂の余韻に浸るのであった。

【HPより】魔神戦姫ホーリーナイトユイ-地下通路に仕組まれた罠 第1話

夜も更け、時刻は深夜2時。
ここは商業地から少し離れた公園の遊歩道。
時間も時間だけに人っ子一人いないこの場所に、不釣合いな格好をした少女が立っていた。
少女は、黒のハイネックレオタードにピンクと白のアーマー、白のロングブーツとグローブを装着し、いかにも変身ヒロインといった出で立ちだ。
その格好でも十分目立つのだが、ブロンドヘアーにアクセントの白のリボンと女の姿を際立たせていた。

「おかしい…確かこの辺りで悪の魔力を感じたのだけど…」

hyui_040.jpg 

少女は辺りを見渡し、悪の魔力の発信源を探っていた。
そう。
彼女は、ホーリーナイトユイ。
聖なる魔力によって構成されたホーリーナイトのコスチュームに身を包み、日々、悪の組織が送り込んでくる敵に立ち向かっているのだ。

「どうやら、ここじゃないみたい。すぐ見つかるって思って、変身してきたのに、これだったら逆に目立っちゃうよっ…」

悪の組織と立ち向かう為に魔力によって強化されたコスチュームであるが、街中を詮索するには目立って仕方の無いデザインである。
深夜とは言え、街中の公園である。
誰かに見つかって、変な噂を立てられては、今後の行動にも支障が出てしまう。
そう思いながらも中々見つからない敵を探し、なおも遊歩道を進んでいく。

遊歩道を更に奥へ進んだところで、大きな地下通路の入口が突然現れた。

「こっ、こんなところに地下通路なんてあったかしら…もしかして、この中に、敵が…」

普段であれば、このようなところに地下通路何てあるはずがない。
おそらく、悪の組織の魔力によって、空間を組み替えられたのだろう。
そう入口を訝しんでいると、突然地下通路の闇から黒づくめのスーツを着た男が現れた。

「くくくっ!これはこれは、正義の変身ヒロイン様ではないですか。自ら我がテリトリーへお越し頂けるとは…」

「あっ、貴方!もしかして、悪の組織の一味っ?!こんなところに地下通路への空間を繋げて、何をするつもりなのっ!」

突然現れた男に動揺しつつも、平静を装いながら、相手の動きに備えて身構えるユイ。

「おやおや、そんなに構えなくても良いのですよ。くくっ!そんなに、知りたければ、中に入ってみればいいのです…くくくっ…」

現れたかと思った男は、踵を返し、地下通路の中奥へ戻って行こうとする。

「まっ、待ちなさいっ!」

すぐさま追いかけようと駆け出したユイに対して、男の歩む位置よりも更に奥からユイ目がけて一本の触手が放たれる。

「しょっ!触手?!っくっ!!」

思いもよらぬ不意打ちに、今にも触手がユイに当たりそうになるが、寸でのところで、ユイは後方へ飛び、触手の直撃を避ける。

hyui_042.jpg 

ユイの居た位置に触手は直撃し、遊歩道のブロックを破壊しながらも、触手はユイに更なる攻撃をすることもなく、また地下通路の闇の中へ消えて行った。

「もうっ!一体何なのよっ!って、嘆いていても仕方ないかっ…多分罠だろうけど、このまま放っておくこともできないしっ…行くしかないよねっ!」

そう言いながら、ユイは男の後を追って、地下通路の中に入っていった。


ユイが地下通路の中に入っていくと、ユイの歩に合わせて照明が点灯していく。

「どうやらっ…歓迎されているみたいねっ…このホーリーナイトユイも嘗められたものですねっ!」

地下通路は深く、30分ぐらい進んでいるがなおも奥が見えない。

「もうっ、一体何なのよっ!この通路はっ!」

と若干イライラしつつ、前に進もうとした矢先―――

シュッ!

っという、風切り音とともに、突如地下通路の壁に空間が開き、ユイに対して触手が直撃する。

「えっ?!んぐっ!んあっっっ!!」

完全に油断していたユイは、触手の攻撃をよけることもできず、そのまま反対側の柵に体を打ち付ける。

hyui_549.jpg 

あまりの衝撃に、気を失ってしまい、その場に崩れ落ちてしまう。

hyui_550.jpg 

「くくくっ!やれやれ。油断は大敵ですよ?ホーリーナイトユイ。」

放たれた触手が現れた空間から、先ほどの男が姿を現す。

「この程度で気絶とは、正義戦士と言えども、所詮は人間ですねぇ~くくくっ!
 ………むっ?おやおや?これは……そうですかっ、くくくっ!これは面白い…」

気絶したホーリーナイトユイを眺めていた男は、何かに気付いたようだった。
その何かに気付いた男は、何やら怪しげな魔方陣を描き、ユイのコスチュームに仕掛けを施したかと思うと、ユイの近くに何やら棒状のものを置いて、また姿を消していった。

「…んんっ、くぅぅっ…もうっ、何だってっ……!!んあっっん!」

気絶している最中に男が現れたことに悪態を付く間もなく、すぐ様ユイの体に異変が現れる。
いや、正確には……

「ああっっん!なっ、何にっ!こっ、これぇっ!だっ、ダメっっ…ホーリーレオタードがっ!ああっっっん!!」

ユイに現れた異変は、ユイ自身の体にではなく、ホーリーナイトの聖なるコスチュームのホーリーレオタードにだった。
聖なる力でユイを敵の攻撃から護ってくれる聖なるコスチュームであるが、どうやら先ほどの男によって、ホーリーレオタードに魔法によって罠を仕掛けられたようだ。

「ああっ、ホーリーレオタードがぁぁっ…ダメぇぇっ!ユイの乳首とクリ〇リスがっ~ホーリーレオタードに責められちゃうよぉぉぉ~~」

魔法によって変異されたホーリーレオタードは、あろうことかコスチュームの装着者であるユイの乳首とクリ〇リスを責め出したのである。
悪の組織との数々の戦いで、数々の快楽責めによって開発されたユイの身体は、ホーリーレオタードの責めに対抗できるだけの理性を持ち合わせていなかった。
その上、悪いことに、今回は、悪の組織を探すために、長時間の変身を強いられていた。
本来で有れば、敵と対峙してから変身するユイであったが、すぐ見つかると思って、早めに変身したのが仇になってしまった。
どうやら、男のはそのことに気づいてユイにこの魔法を仕掛けていったのだった。

「ああぁ~っ!ホーリーレオタードにぃぃっ!!ユイの乳首とクリ〇リス責められちゃってますぅっ!あぁぁっっっ!ユイのっ!ユイのっ!!クリ〇リスがっ!クリ〇リスが大きくなっておち〇ち〇になっちゃいますぅぅっ!!」

そう叫ぶとともに、ユイの本当の秘密が大きく成長し、ホーリーレオタードを内側から押し上げる。
そう、ユイは性欲が高まってしまうと、異常にクリ〇リスが勃起し、男性の性器のように大きくなってしまうのだった。ユイは変身解除する為に、この大きくなったクリ〇リスから白濁したエナジーを放出させているのだ。
いつもより変身から変身解除までの時間が長かったこともあり、ユイの身体は変身解除の為の性的刺激をずっと待っていたのだ。
その為、少しの刺激でも十分に性感が昂ぶってしまうのであるが、あろうことか、今回は更に男によって変質されたホーリーレオタードによって責められているのである。
身体はいつもの刺激が来たと思い、エナジー放出へ向けて更なるアドレナリンが放出される。

「んあぁぁぁっ~ダメっっぇぇっ!まだぁっ!まだぁぁ~変身解除じゃないのにぃぃっっ~!おちんちんがぁぁ~おち〇ち〇がおっきくなってぇぇぇっっ~きもちいぃぃよぉぉぉぉ~~~」

ホーリーレオタードの内側からの責めに贖うこともできず、ただただ、レオタードに責め続けられるユイ。
しかし、いくら魔法によって変質されたとは言え、コスチュームはコスチューム。
ホーリーレオタードの責めだけでは、絶頂にまで達することはできない。

「ああっっっん!ホーリーレオタードのぉぉ~締め付けきもちちぃぃのにぃ~きもちいいぃぃのにっ~足りないよぉぉっ~!もっとぉぉぉ~もっと、ユイの乳首とおち〇ち〇弄ってよぉぉぉっ~~~
 あぁっんんんっ~~あっ!こっこれってぇぇぇっ、これを使えばっ!んんっっ~!」

遂に快楽を我慢できず、自ら貪り出したユイは、男が先ほどユイの近くに落ちていった棒状のものに気が付いた。
ユイが手それに手を触れた瞬間、バイブのようにブブゥゥゥッという音を立てて振動を始めたのであった。

「これでぇぇっ~これでおち〇ち〇を弄ればぁぁっ~~!あああぁぁぁっっっ!!きもちちぃぃのぉぉぉ~~ユイのぉぉ~ユイのぉぉのおち〇ち〇きもちよすぎてぇぇぇ~いっぱいぃ~いっぱい精液エナジーだしちゃいますすぅぅぅ~~ユイのぉ~ユイぉぉぉ~聖なるホーリーレオタードの中にいっぱいぬるぬるの白濁エナジー出しちゃいますぅぅぅっ~~」

hyui_551.jpg hyui_552.jpg 

バイブによって、ホーリーレオタードの上から刺激されたユイのおち〇ち〇は、レオタードのエナメル素材によって振動が増幅され、更にホーリーレオタード自身の責めによって、一気に膨張し今にも白濁液を噴出しそうになる。

「あぁぁぁっっっ~~!だめぇぇぇぇ~~いくのぉぉぉぉ~ユイぃぃぃ~ホーリーレオタードのなかに、いっぱいいっぱいぃえなじぃーみるくだしちゃいますすぅぅぅぅぅ~~~~ああぁぁぁっんんん~~~」

ぐちゅっぐちゅっ―――!!

遂に、ユイは我慢することができず、ホーリーレオタードの中に、自らのエナジーの塊である白濁液を噴出させてしまったのである。
ホーリーレオタードの中で噴出されたエナジー液は、本来で有れば、前開きによって、外に放出されるはずであるが、男の魔力による仕掛けで、今回は機能しなかったようで、すべてホーリーレオタードの中に満たされることになった。

「んはぁぁっっ…はぁぁっ…ホーリーレオタードのぉっ…責めがっ…止まったぁ……んあっっん…はぁっ…はぁっ…けどっ…聖なるっ…聖なるホーリーレオタードの中にっ…エナジーを出してしまうなんてぇっ…ぐちゅぐちゅして気持ち悪いっっ…それに、エナジーを出してしまった所為で、ホーリーグローブとホーリーブーツがぶかぶかにっ…」

魔力によって、コスチュームを維持してるホーリーナイトであるが、エナジーを放出してしまったことで、ホーリーグローブとホーリーブーツも維持できなくなり、ぶかぶかになってしまったのだ。
しかし、本来で有れば、ホーリーレオタードも動揺に維持できなくなるのであるが、なぜか男の魔力によるものか、ホーリーレオタードだけはぴっちり体に張り付いたままだった。
おかげで、ホーリーレオタードの中は、白濁エナジーで満たされているだが…

「んくぅぅっ…こんなところで、エナジーを放出してしまうなんてっ…それに、何で、ホーリーレオタードだけは、ぴっちり体に張り付いたままなんだろぅ…おかげで白濁エナジーのぬるぬるしたのが取れないよぉっ…」

そう言いながら、エナジーを放出した直後でよろめく身体に何とか力を入れて、地下通路の奥に向けて、再び歩き出す。更なる男の罠が待ち構えていることも知らずに………
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。